酸素カプセル 副作用



酸素カプセルは、大気圧よりも高い圧力の中で呼吸することで、通常より血液中に酸素が溶けやすくなります。
「酸素をとりすぎるのって、危ないんじゃないの」
と心配する方もいるでしょう。
しかし酸素カプセルでは、大気中の自然な酸素を使用しているので、過剰な酸素濃度で酸素をとることはありません。
また、一般的な酸素カプセルでの圧力は1.3気圧ていど。
これは3メートルの深さの水に潜るくらいの圧力で、体や耳にかかる負担はほとんどありません。

ただし、次に上げる方々は体調の変化にご注意ください。
糖尿病でインシュリンを投与されている方
気圧の変化に弱い方
アレルギー体質の方

また、妊娠されている方や高齢者にはお勧めできません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。