酸素カプセルとは


酸素カプセルとはウィキペディアによると、
「酸素を利用者に吸引させる装置を備えたカプセル。
高圧酸素カプセル、高気圧酸素カプセル。」

なんだかよくわからないので噛み砕くと。

人一人が入れる大きさの、密封できるカプセルがあります。
そこに人が入って、横になります。
密封したところで気圧を高めます。
1.1気圧から最大1.5気圧までです。
呼吸をすると通常より気圧が高いので、より血液中に酸素が溶けやすくなります。
結果、体の細胞に酸素が行き渡るようになります。

病気や怪我の治療で直りが早くなったり、疲労回復に効果があるといわれている健康機器、それが酸素カプセルです。

スポーツ選手が主に使用していましたが、最近は専門サロンなどが開店し、一般の方の利用も多くなって来ました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。